HOME>注目記事>信用取引のような金利負担がないことで人気の取引方法

金利負担がないので人気

パソコン

近年では、日本でも投資をする人が増えています。投資にはさまざまな種類がありますが、その中でも人気となっているのが商品先物取引です。商品先物取引と聞いて、どんな取引なのかよくわからない人もいるでしょう。この取引では、米や大豆、小豆などの農産物、ガソリンや灯油、金や銀などの商品を取引します。株式では信用取引で投資をする人は多いですが、日歩と呼ばれる金利負担が怖いと感じる人は多いです。商品先物取引でも信用取引と同じように証拠金は必要ですが、信用取引のような金利負担が必要ないことが人気を集める理由の一つです。金利負担がなく、信用取引のような投資をしたいと考えている人には最適な投資手段となるでしょう。

どんな取引なの

この取引では、取引する期間が決まっています。例えば、金を購入する場合は、1ヶ月後に5キロの金を500万円で購入する、もしくは売却すると注文をするという具合です。この期間内にいつでも売買はできますが、金限日や白金限日を除き、期間内に決算を済ませる必要があります。また、商品を実際に取引しないことも特徴でしょう。現物取引では、金を100万円で購入する場合、100万円を支払って金を手にすることになります。しかし、商品先物取引では、実際に商品を取引することはありません。現物商品を取引することはなく、契約したときの金額と現在との金額との差金を受け払します。

その他のメリット

商品先物取引のメリットは、信用取引のような金利負担がないこと以外にもあります。証拠金の数倍の取引も可能ですし、買いポジション、売りポジション、どちらからでも取引可能です。株式の現物取引では、投資資金内での取引しかできませんし、購入した株が値上がりしないと利益を得られません。しかし、商品先物取引では、値上がりすると推測した場合は買い、値下がりすると推測したら売りから始めることができます。また、証拠金以上の取引も可能なので、短期間で大きな利益を得ることも可能です。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5